仮想通貨の投資をはじめるには? ビットコイン基礎知識

みなさん、仮想通貨についてどんなイメージを持っていますか?
セキュリティや取引所会社に不安がある、リスクが大きそうなどの不安を抱いている人も多くないでしょう。

しかし、仮想通貨は思っている以上に身近なものになっています。
今年になってから仮想通貨の投資をはじめたという人も多くいますし、日本でもビットコインで支払いができる実店舗なども増えています。

一時期に比べてニュースなどでビットコインについて耳にする機会は少なくなっていますが、仮想通貨市場はまだまだ成長途中です。新しい仮想通貨や、新しい取引所がどんどん登場しています。
仮想通貨の取引をはじめるのなら、早いに越したことはありません。

今回は、初心者が仮想通貨の取引をはじめるための基本的な知識について解説します。

◯ビットコインとは
ビットコインとは、仮想通貨の1つです。
現在発行されている仮想通貨はいくつもありますが、その中でも最初に発行されたのがこのビットコインです。
単位はそのまま「ビットコイン」で、「1BTC」のように表記します。

「仮想」と呼ばれるように、円やドルの用にお札や硬貨などの実体はありません。電子マネーのように情報のみでやり取りを行います。
しかし、実体がなくても通貨であることは変わりません。ビットコインを使って買い物をすることが可能です。
また、他の通貨に対する価値が変動するため、円やドル、ユーロなどと同じく投資の対象にもなります。

日本の取引所で扱いがある仮想通貨は複数ありますが、取引数が多く、情報も多いこのビットコインから仮想通貨の投資をはじめるのがおすすめです。

●ビットコインの使い方
ビットコインを保管したり、買い物をしたりするには、専用のウォレットが必要になります。
ウォレットには様々な形式のものがあります。詳しくは後述します。

現在日本でビットコインを使えるのは実店舗で約200、通販で50とやや少ないものの、増加傾向にあります。これから増々ビットコインを利用できるお店は増えていくことでしょう。

実店舗でビットコインを使用する際は、表示されたQRコードをスマートフォンのアプリで撮影することで決済できます。電子マネーで買い物するのと同じぐらいの手間で利用可能です。

●投資対象としてのビットコイン
2010年頃のビットコインの価値は0.5円程度でしたが、2017年10月時点では1BTCは63万円ほどと、その価値を大きく伸ばしています。
2009年の誕生以降、何度かの暴落はあるものの、全体で見ればビットコインの価値は上がり続けています。

中には「そろそろ頭打ちになるのでは?」と思う人もいることでしょう。
しかし、ビットコインの価値が今後も上がり続けるだろうという期待にはしっかりとした根拠があるのです。

ビットコインの発行は2100万BTCが上限と決められています。
国が管理する通貨であれば、国が必要に応じて通貨を発行することが可能です。やりすぎるとインフレになってしまいますから限度はありますが、ルール上の上限はありません。

一方のビットコインは、どんなに需要が合っても2100万BTCが限度です。今後ビットコインの取引が増え、需要が増えたとしても総数が増えることはありません。そのため、今後も価値が上がり続けるだろうと予想されているのです。

◯仮想通貨の取引所
ビットコインを購入したり、取引したりする際には、取引所を利用することになります。

ビットコインを扱う取引所は世界中にありますが、今回は日本の主な3つの取引所について紹介します。

●Zaif
Zaifの最大のメリットは運営会社の信頼性の高さです。
仮想通貨には、取引所が倒産したり不正アクセスにあったりすることでお金がなくなってしまうというリスクがあります。そのため、運営会社の信頼性は非常に重要です。

手数料がかかりにくいのもメリットです。
取り引き時に手数料は発生せず、Zaifへの出金と入金時のみに手数料が発生します。
投資時に役立つツールも充実しており、初心者にも便利です。

欠点としては、ユーザー数が少なく、売買が他と比較すると成立しにくいということがあげられます。
専用アプリも若干使いにくく、人によってはストレスを感じるかもしれません。

●Coincheck
ビットコイン以外にも扱われている仮想通貨の種類が多く、他の仮想通貨も気になる人にはおすすめです。アプリの使い勝手もよく、操作も分かりやすいです。

不正ログインに対しての保証があるのも魅力です。Coincheckでは最大で100万円の保証を受けることができるため、万が一の時にも安心です。

デメリットは、レバレッジの限度が5倍までと、他の取引所に比べると低いことです。また、販売所の手数料も高めなため、販売所で購入することを考えている場合は注意が必要です。

●bitFlyer
今回紹介した取引所の中では最も大手の取引所です。
取引所が倒産してお金がなくなってしまうリスクを考えると、運営会社の経営が安定しているというのは非常に重要なポイントです。

また、画面の操作がシンプルで分かりやすく、初心者やパソコンに苦手意識のある人でも使いやすいです。

取引時の手数料が無料なのもありがたいです。しかし、販売所の手数料は高めです。

◯ビットコインを手に入れる方法は?
ビットコインを購入するには2通りの方法があります。

●販売所売買
販売所売買とは、取引所会社が持っているビットコインを購入するというものです。
ビットコインの値段は、相場に応じて取引所会社が決定します。

いつでもすぐに売買できるというメリットがありますが、取引所売買に比べると、手数料は高くなります。
急いでビットコインを手に入れたいという時には向いていますが、投資によって利益を出すことを目的としている場合にはやや不向きです。

●取引所売買
こちらは、取引所で売りたい人と買いたい人が売買するというものです。

取引所会社はあくまで売買のための場を貸すだけとなるため、手数料は安いです。
しかし、相手がいなければ取引が成立しないため、成立まで時間がかかってしまう可能性があります。

◯仮想通貨の保管方法は?
実体のないお金を保管したり、使ったりするにはどうしたらよいのでしょうか。

ビットコインの保管には「ウォレット」と呼ばれる専用の財布が必要になります。
ウォレットにはタイプがいくつかあり、利用できるアプリも様々です。

紙や専用の端末を利用するタイプもあり、アプリを利用するよりもセキュリティに優れています。

●取引所への保管
取引所に仮想通貨を置いておくことも可能ですが、リスクが高くおすすめできません。
取引所はあくまでも売買のための場であって、保管のための場ではないからです。

取引所に仮想通貨を保管していると、不正アクセスやハッキングによってお金を取られてしまったり、取引所が倒産してしまった時にお金が消えてしまったりしてしまいます。

取引所に置いておくのは取引分だけにとどめ、それ以外はウォレットに保管するようにしましょう。

◯いつ買うのが良いの?
ビットコイン購入のタイミングはいつがよいのでしょうか?

●値動きをチェック
まずは1年分のビットコインの値動きを見てみましょう。
何度か急落しているのがわかると思います。

今年の急落は大きなもので、7月前半に1回、9月に1回ありました。
7月のものはビットコインとビットコインキャッシュに分裂した時のものです。9月のものは、中国で仮想通貨の取引が禁止されるというニュースに影響されたものです。
これ以外にも、大体2~3ヶ月に1回ぐらいのペースで急落が起きています。

●仮想通貨関連のニュースに注目
Rippleという仮想通貨を例にして紹介します。

Rippleは10月にカナダで会議を開きましたが、その会議の告知カウントダウンを行った8月と、会議開催の直前に相場が急上昇しています。
相場が急上昇していると魅力的に見えてしまいがちですが、こうした高騰の直後には急落しやすいため、購入には慎重を要します。

◯最後に
ビットコインは売買が活発で、取引に関する情報も多いです。
初心者が仮想通貨の投資をはじめるのであれば、まずはビットコインに触れてみるのがおすすめです。