Zaifの口座開設 メリットとデメリットは?

◯代表的な国内の取引所
仮想通貨の投資を始めるうえでまず考えなければならないのが、どこの取引所を利用するかということです。
仮想通貨取引所は世界中にいくつもありますが、日本国内の取引所といえばまず「bitFlyer」、「coincheck」、「Zaif」の3つがあげられるでしょう。

取引量が多く特に有名なのはbitFlyerとcoincheckの2つですが、今回おすすめしたいのはテックビューロ株式会社が運営するZaifです。

◯取引手数料が安い
Zaifをおすすめする一番の理由が取引手数料の安さです。

ZaifはbitFlyerやcoincheckに比べ、アルトコインの取引手数料が圧倒的に安いです。
ビットコインの価格差は殆どないため、ビットコインのみを扱うのであれば問題ありませんが、他の仮想通貨の取引を考えているのであれば注意が必要です。

なぜ取引手数料に差が生じてしまっているかというと、取引の形式が異なるためです。
Zaifの場合は、アルトコインであっても取引所売買となります。
しかしbitFlyerやcoincheckの場合、アルトコインは販売所売買しか行っていません。取引所で売りたいと人買いたい人が売買するのではなく、それぞれの販売所が持つアルトコインを購入する形になるため、手数料も割高になってしまうのです。

アルトコインの売買形式については、よく日本の取引所を利用する際のデメリットとしてもあげられています。海外の場合、種類にかかわらず取引所売買になるのが一般的であるため、販売所売買で高い手数料を取られることは少ないです。
海外の取引所でも日本語対応している例も増えているため、利用者が流れてしまう原因にもなっています。
その点、Zaifであれば海外の取引所と同じように利用できます。

◯積立投資がしやすい
仮想通貨は変動率が高く、積立投資に向いています。
特に仮想通貨に触れて間もないころは、いつが買い時なのかも変わりません。こまごまと売買を行うのも煩わしい、面倒と感じることもあるかもしれません。
そんな時、積立投資であれば予算内で無理なく投資を始めることができます。

Zaifの積立投資は仕組みがシンプルで、手数料の仕組みも分かりやすく安いです。申し込みも簡単で、オンラインからの手続きのみで完了します。
積立の最低金額は月1千円と、少額の積立を行えるのも魅力です。

bitFlyerでも積立投資は可能ですが、手数料が不透明でわかりにくいという欠点があります。

毎月の積立額と手数料は以下の通りです。
積立金額:1千円~3千円 手数料:100円
積立金額:3千円~9千円 手数料:3.5%
積立金額:1万円~2万9千円 手数料:2.5%
積立金額:3万円~4万9千円 手数料:2.0%
積立金額:5万円~ 手数料:1.5%

◯トークンの取扱がある
まずはトークンとは、という話をする必要があるでしょう。

ざっくりと説明してしまうと、トークンとは仮想通貨の仲間のようなものです。企業が独自に発行し、仮想通貨と同じように売買ができます。
ただ、通貨とは違い、広く流通しているものではなく、そのものに使いみちがあるとは限りません。
企業がトークンの所持者に対して、何らかのサービス行うこともあります。

通貨というよりは、ポイントや株と表現したほうが適切かもしれません。
まだ市場としては成長途中で、トークンの定義自体も曖昧な部分があります。

しかし、トークンはこれから企業の資金調達の1手段として広まっていくことが期待されています。
上場していない・できない企業でも資金調達が行いやすくなるでしょう。また、投資家にとっては、トークン市場は未上場企業の株を購入するのと同じような役割をはたしてくれることが期待できます。

coincheckやbitflyerではまだトークンを取り扱っていません。しかしZaifでは8種類のトークンの取り扱いを始めています。

◯テックビューロへの期待
Zaifそのものだけでなく、運営元であるテックビューロについても注目しておきたいです。

●COMSA
テックビューロが運営しているCOMSAはICOプラットフォームです。その規模は日本最大どころか世界でみてもトップクラスです。
質の低い案件が目立ちやすいICOですが、COMSAに集められる案件は比較的質がよく、安定しています。

今後、まずはCOMSAでトークンを販売し、そこから優秀なトークンはZaifに移行していくという流れが生まれていくことが強く期待できます。ICOプラットフォームと取引所の運営会社が同じであれば、移行もスムーズに進み、企業もICOに踏み切りやすいでしょう。
coincheckやbitflyerについては、まだICOプラットフォームに手を付ける様子はありません。Zaifが一歩進んでいるといえます。

●mijin
mijinはテックビューロが開発しているプライベートブロックチェーンです。mijinはNEMの技術をベースに開発されており、すでにいくつかの企業で導入が始まっています。
最近では、ジビエ食肉のトレーサビリティシステムにmijinの技術が採用されたとニュースになりました。

mijinそのものがZaifに直接影響を与えるかどうかはまだわかりませんが、注目しておいて損はありません。

◯Zaifの欠点は
最大の欠点はサーバーが不安定だということです。
ちょくちょくサーバーが落ちるため、短期トレードには向いていません。FXをやるのであれば他の取引所を使ったほうが良いです。
サーバーの状況については、不満点としてよくあげられているため、今後改善されることを期待するしかないでしょう。

しかし、短期トレードを予定していないのであれば、取引手数料の安いZaifは本当におすすめです。
取引所毎に得意な分野は異なるため、アルトコインの取引ならZaif、FXならbitflyerというように使い分けするのも一つです。